WordPress

HaradaWebはWordPressでホームページを制作し管理運営しています。
このページではWordPressの設定方法やカスタマイズ方法を紹介しています。

「WordPress」ページの子ページリンク

「WordPress」ページをカテゴリで分類しているので、それらのページのリンクです。

WordPressの最新記事

WordPressに画像を挿入する方法

2018年11月29日 カテゴリー:初心者設定

MW WP FormとMW WP Form reCAPTCHAを同時に有効化すると確認画面に送信できない

WordPressのメールフォームプラグイン「MW WP Form」とGoogleのチャプタープラグイン「MW WP Form reCAPTCHA」を同時にインストールして有効化してしまうと「MW WP Form」の確認画面に送信できなくなります。「MW WP Form」には「MW WP Form CAPTCHA」という専用のキャプチャがあるので、そちらを設置しましょう。

2018年9月13日 カテゴリー:WordPressプラグイン

サーバーのPHP72でWp-Queryのエラー

2018年9月4日にサイト制作しているとWp-Queryでエラーが表示されました。そのサイトはXサーバーでこの時点で最新のPHP72が使用されています。PHP56で数年かけて作ったコードがPHP70でエラー表示された悪夢の再現?

2018年9月5日 カテゴリー:WP-Query

WordPressのインストール設定を代行します。

    HaradaWebでは1000円でWordPressをインストールするサービスを行っています。
    WordPressをやろうと思ってもドメイン、サーバーのDNS設定が難しく、データベースの設定がわからなかったりして断念してしまう。
    そんな人の為に設定の代行を行います。
2018年9月1日 カテゴリー:初心者設定

Table of Contents Plusの使用と本文内jQueryやリンク

WordPres投稿ページの本文内で設定していたjQueryが正常に動かなくなりました。
全く動かないわけではなく、変な動作になっています。
jQueryの内容はマウスオーバーで横からスライドです。
対象要素の真ん中にマウスを当てると動かないのですが、要素の端っこにマウスを当てると正常に動作します。

2018年8月24日 カテゴリー:WordPressプラグイン

Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded inのエラーの対処方法

WordPressで「Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in」というエラーが出た場合の対処方法です。
直訳すると「致命的なエラー:最大実行時間が30秒を超えました」となるようです。
つまりサイト上での処理時間を30秒に設定していて、処理を実行したが30秒を越えても処理できないからエラーです、という事です。

2018年8月10日 カテゴリー:初心者設定

WP-Queryとは何かを初めての人に解説します

WP-QueryはWordPressのクラスで、自分の作ったWordPressの固定ページや投稿ページから、例えば同じカテゴリーやタグの投稿ページの情報を取得したりできます。情報を取得できるので、その中からタイトルやリンクや本文等を他のページに表示させることができます。

2018年8月1日 カテゴリー:WP-Query

MW WP Form reCAPTCHAはWordPressのキャプチャプラグイン

WordPressのプラグイン「MW WP Form reCAPTCHA」を解説します。「MW WP Form reCAPTCHA」は「MW WP Form」にGoogleの「reCAPTCHA」を簡単に設置するプラグインです。「MW WP Form」のキャプチャには純正「MW WP Form CAPTCHA」があります。

2018年5月31日 カテゴリー:WordPressプラグイン

SSLのサイト設定をWordPressの「Really Simple SSL」で行いGoogleアナリティクスも変更

WordPressのSSL設定をプラグイン「Really Simple SSL」を解説。SSL設定後のGoogleアナリティクスの変更も解説。バリュードメインのコアサーバーのSSL設定はリンクで紹介。

2018年5月14日 カテゴリー:WordPressプラグイン

WordPress確認画面付きお問合せフォームプラグインMW WP Form

WordPressの確認画面付きお問合せフォームのプラグイン「MW WP Form」の設置方法を解説します。

「フォームタグを追加」から自分の必要と思う項目を追加してフォームを作ります。
「MW WP Form」は確認画面等の設定も行えます。

お客様から入力してもらった内容をお客様へ自動メール送信、サイト管理者にも同じく自動送信設定でフォームは完成です。

「MW WP Form」の機能は多岐にわたっているので、今回はこのサイトの「お問合せ」ページで設定している必要最低限の機能のフォームの作り方を解説します。

2017年12月23日 カテゴリー:WordPressプラグイン

WordPressのWp-Queryでカスタムフィールドの値の配列の合計を足し算してループ外で計算

WordPressのWp-Queryでカスタムフィールドの値を取得して、変数にその配列を格納し、ループ外でarray_sum()を使って合計を再び変数に格納して、別の足し算などの計算もしながらHTMLで表示させます。
この記事の内容はPHP56で動作します。PHP70以降では正常に動作しません。

2017年8月4日 カテゴリー:カスタムフィールド

WordPressのWP-Queryでカスタムフィールドの値の配列を変数に格納してfor文で記事情報取得を繰り返しjQueryで順位付け。

WordPressのWP-Queryで記事情報のカスタムフィールドの値を配列で変数に格納し、WP-Queryのループ外でfor文を使って取得した配列の中の要素数の回数だけ指定した処理を繰り返し、表示させたHTMLjQueryを使って意図した順番に並べ替えます。
jQueryの並べ替えは別ページで
jQueryでHTMLの要素を並べ替えて順位付けする
で詳しく解説しています。
この記事の内容はPHP56で動作します。PHP70以降では正常に動作しません。

2017年7月30日 カテゴリー:カスタムフィールド

WordPressのTwenty Seventeen子テーマでpage.phpとheader-image・site-brandingをカスタマイズしてサイト内に別サイト作成

WordPressのTwenty Seventeenを子テーマで運営しています。
page.phpheader.phpをカスタマイズして、header.php内にインクルードされているheader-image.phpsite-branding.phpもカスタマイズしてサイト内に別のサイトを作るようなカスタマイズを行います。

2017年7月20日 カテゴリー:WordPressカスタマイズ

WordPressで2つのWP_Queryと変数を使って複雑な条件で記事を取得する

WordPressで2つのWP_Query変数を使って複雑な条件で記事を取得します。1つ目のWp-Queryで必要な値を取得して変数に格納して、その変数を使って2つ目のWp-Queryで情報を取得します。
ここでは実例のサッカーリーグのサイトで、全ての予定を表示しているページとは別に、次の試合の予定だけをトップページに表示するWP-Queryを解説します。

2017年7月18日 カテゴリー:カスタムフィールド

WordPressで投稿・固定ページでphpファイルを親子テーマで利用できるショートコード

WordPressの投稿・固定ページの編集ページの本文入力欄にphpコードを入力しても何も動作しません。
本文入力欄の中でphpコード・ファイルを呼込むにはショートコードを利用する方法があります。
functions.phpにショートコードを有効にする為のコードを入力し、編集本文に入力します。
親テーマでも子テーマでもショートコードを有効にする為、get_stylesheet_directoryでサーバー絶対パスを取得します。
サイドウィジェットやphpファイル内でもコードを設定すれば使用できます。

2017年5月5日 カテゴリー:WordPressカスタマイズ

WordPressでプラグインなしの「関連記事」を作る

WordPressで「関連記事」をプラグインなしでページの下部に設置します。
方法はget_the_category()でページのカテゴリーidを取得し、get_the_ID()でページidを取得し、WP_Queryで表示されているページ以外で、同じカテゴリーの記事を取得します。
このサイトで実際設置している「関連記事」の設定方法を解説します。
関連記事を設置する事はSEOにも重要な役割を果たしています。

2017年5月5日 カテゴリー:WordPressカスタマイズ

WordPressのクラスWP_Queryの詳しい解説

WordPressのクラスであるWP_Queryはサイト内の全ページの中から例えば「カテゴリーid15の投稿を日にちの新しい順に5件呼び出す」という条件を設定して記事を呼び出す時に使います。
このサイトで利用しているコードから一つ一つ細かく解説します。

2017年5月4日 カテゴリー:WordPressカスタマイズ

phpファイル内でphpファイルを呼び出すget_template_part

get_template_partはphpファイル内で別のphpファイルを呼び出すときに使用する、WordPressのインクルードタグです。

例えばサイトの前ページの上部に「このサイトをご覧いただいてありがとうございます。」と表示させたいとします。
その場合、一つの方法としてphpファイルを作って、表示させたい部分にget_template_partで呼び出します

2017年4月20日 カテゴリー:WordPressカスタマイズ

WordPressでプラグインを新規追加インストールする方法

WordPressのプラグインを新規にインストールする方法を解説します。

管理画面の「プラグイン」から「新規追加」を選択し、「プラグインを追加」ページを開いて「プラグインの検索」に必要なプラグイン名を入力し、「今すぐインストール」ボタンをクリックし「有効化」させれば完了です。

2017年3月18日 カテゴリー:WordPressプラグイン

WordPressのURLを変更する

WordPressでは作ったサイトのURL、例えば

https://haradaweb.com/hogehoge/

https://haradaweb.com/

変更できます。

方法はWordPress管理画面の「設定」の「一般」の「サイトアドレス (URL)」をhttps://haradaweb.com/とし、hogehogeディレクトリ内のindex.phpをコピーして変更して、一つ上の階層にアップする事でURLを変更できます。

2017年3月16日 カテゴリー:WordPress設定

WordPressが英語を強制的に大文字で表示するCSSの設定を解除する方法

WordPressで新たにサイトを立ち上げるとサイトタイトルの英語のアルファベットが全て大文字になっています。
これはCSSが「text-transform: uppercase;」に設定されているからです。
対処方法はCSSを「text-transform: none;」に書き換えれば英語などアルファベットの小文字は小文字として、大文字は大文字として、入力した通りに表示されます。

2017年3月13日 カテゴリー:WordPress設定