WordPressのURLを変更する

WordPressでは作ったサイトのURL、例えば

https://haradaweb.com/web/hogehoge/

https://haradaweb.com/web/

変更できます。

方法はWordPress管理画面の「設定」の「一般」の「サイトアドレス (URL)」をhttps://haradaweb.com/web/とし、hogehogeディレクトリ内のindex.phpをコピーして変更して、一つ上の階層にアップする事でURLを変更できます。

管理画面の設定

WordPressでサイトを立ち上げてすぐに管理画面の「設定」の「一般」の「サイトアドレス (URL)」を確認するとURLはWordPressをインストールしたディレクトリになっています。

画像の「hogehoge」を削除してhttps://haradaweb.com/web/とします。

これで「変更保存」ボタンを押して変更します。

これでWordPress管理画面での設定は終わりです。
次はindex.phpを編集します。

index.phpの編集

編集すべきindex.phpファイルはWordPressのファイルの中の、つまり今回の場合は「hogehoge」ディレクトリをあけてすぐにあります

index.phpは「wp-content」等他のディレクトリの中にもあるので注意してください。

ffftp等でindex.phpファイルをダウンロードしてエディタソフトを使って編集します。
メモソフトなどでは編集しないでください

主なエディタソフト

TeraPad(テラパッド)、サクラエディタ、Atom、Notepad++(ノートパッドプラスプラス)、CotEditor、mi、Sublime Text、Brackets、秀丸エディタ、Liveweave、mou、Visual Studio、Xcode、Eclipse、vi(vim) / Emacs

index.phpの中身はこうなっているかと思います。

<?php
/**
 * Front to the WordPress application. This file doesn't do anything, but loads
 * wp-blog-header.php which does and tells WordPress to load the theme.
 *
 * @package WordPress
 */

/**
 * Tells WordPress to load the WordPress theme and output it.
 *
 * @var bool
 */
define('WP_USE_THEMES', true);

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

17行目の

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/hogehoge/wp-blog-header.php’ );

に編集します。

これでindex.phpの編集は完了です。
しかしここからが注意です。

一つ上の階層にアップロード

よく間違えてしまうのですが、編集したファイルを元の場所に戻す、というのがホームページを作るうえで定石なのですが、今回は違います。

この編集したindex.phpをアップロードする場所は一つ上の階層です。

つまりharadaweb.comディレクトリをあけたところです。
つまりhogehogeディレクトリがあるところです。

ここにindex.phpをアップロードすれば完了です。

これでhttps://haradaweb.com/web/hogehoge/https://haradaweb.com/web/となりました。

参考外部リンク

外部参考サイト:WordPress を専用ディレクトリに配置する – WordPress Codex 日本語版

コメントを残す

TOP