WordPressのインストール設定を代行します。

    HaradaWebでは1000円でWordPressをインストールするサービスを行っています。
    WordPressをやろうと思ってもドメイン、サーバーのDNS設定が難しく、データベースの設定がわからなかったりして断念してしまう。
    そんな人の為に設定の代行を行います。

    WordPressのインストール設定を代行
    WordPressのインストール設定を代行

    WordPressのインストール代行

    WordPressは世界で30%以上の人々に使われているといわれています。
    拡張性も高く、サイト上で色々な事ができます。

    ただ初めて使う人にとってはインストールする設定が少しややこしく、断念してしまう人もいるかと思います。

    WordPressを使いたいが設定が面倒だという人の為にHaradaWebがその設定を1000円で代わりに行います。

    お客様のサーバーにインストールして、固定ページ・投稿ページを書き込める状態にしてお渡しします。

    ドメイン・サーバー契約しDNS設定

    WordPressを利用するにはドメイン・サーバーが必要です。

    お持ちでない方は新規でドメイン・サーバーの契約を行ってください。

    ドメイン・サーバーが必要なのですが、ドメインとサーバーを新規契約しただけではWordPressをインストールできません

    そのドメインとサーバーを結び付ける「DNS設定」をしなくてはいけません。DNS設定をHaradaWebが行う場合は別料金が発生します。DNS設定やドメイン・サーバーについては別ページで詳しく解説しているのでこちらをご覧ください。

    外部参考サイト:ドメイン取得しレンタルサーバーを契約しホームページを作る | HaradaWeb(ハラダウェブ)

    ドメイン・サーバー会社

    コストパフォーマンスを考えるなら、ドメインサーバーの新規契約についてはGMOデジロック株式会社のVALUE-DOMAIN(バリュードメイン)+CORESERVER(コアサーバー)をお勧めします。

    当然無料SSLもありますので、無料設定させていただきます。

    一つのサーバーで複数ドメインを利用してサイト運営を考えるなら、Xサーバーが良いのかもしれません。

    詳しくは「ドメイン・サーバーを取得する」でご確認ください。

    WordPressインストールに必要な情報

    WordPressをインストールする、ドメイン(ルートドメイン)又はサブドメイン又はサブディレクトリ、つまりURLを決めてください。

    ルートドメイン

    http://example.com/

    http://www.example.com/

    サブドメイン

    http://sub.example.com/

    サブディレクトリ

    http://example.com/sub/

    http://www.example.com/sub/

    「example.com」はお客様のドメインの事で、「sub」の部分はお客様が好きな英数字を選んで決めてください。

    ユーザー名・メール・サイト名

    お客様にWordPressのログインユーザー名と登録するメールアドレスとサイト名を決めていただきます。

    • WordPressのログインユーザー名を、英数字で決めてください。ログインユーザー名は一度決めたら後で変更できません
    • このWordPressで使用するメールアドレスを決めてください。パスワードを忘れてしまった時等に利用します。メールアドレスは後から変更可能です。
    • サイト名を決めてください。例えば「日々のブログ」等。サイト名は後から変更可能です。サイト名は各ページのサイト上部に表示されます。

    パスワードのセキュリティ

    パスワードのセキュリティを心配されるお客様もおられます。

    ログイン情報等について教えていただきますが、現在お使いのパスワードを今後もお使いになる場合、パスワードを一旦変更して、変更したパスワードを教えてください。

    そしてWordPressのインストールが完了したらパスワードを元に戻してください。

    HaradaWebに教えていただいたパスワードをWordPressのインストールが完了後に変更すればセキュリティは保たれます

    変更をお勧めするパスワード

    HaradaWebにご依頼いただいてWordPressをインストールした後、変更をお勧めするパスワード。

    • サーバーへのログインパスワード
    • FTP設定のパスワード
    • WordPressのログインパスワードとメールアドレス

    データベースのパスワードはそのまま

    パスワードの変更について、サーバーへのログインパスワードFTP設定のパスワードは、WordPressインストール後に変更していただきたいのですが、データベースのパスワードは変更しないでください

    WordPressはPHPで構成されていて、動的なWEBシステムで、ネット上でデータベースとデータの出し入れを行っています。

    データベースのパスワードを変更してしまうとWordPress側のファイルに記述しているデータベースのパスワードと違ってしまいデータベースにある情報の出し入れが出来なくなってしまいます。

    データベースのパスワードはそのままにしてください。

    データベース設定できる

    すでにドメイン・サーバーを持っていて、データベースを設定できるお客様の場合は下記を行ってください。

    • WordPressのファイルに入力しますので、新規データベースを設定して、そのユーザー名とパスワードを教えてください。
    • WordPressをインストールするサーバーにアクセスするFTP設定のホストとユーザー名とパスワードを教えてください。

    データベース設定できない

    ドメイン・サーバーを持っているが、データベースを設定できないお客様場合は、サーバーのログインIDとパスワードを教えていただければ、WordPressをインストールする為の設定を全てこちらで行います

    設定作業内容

    設定作業はお客様がご契約されているサーバーによって変わります。ここでは基本的な作業を解説します。

    1. お客様のWordPressを設定するサーバーにログインしてデータベースを設定し、ドメイン又はサブドメイン又はサブディレクトリを設定します。
    2. そのサーバーにFTPソフトを使って最新のWordPressをアップロードします。
    3. アップロードしたWordPressからインストール設定に必要なファイルをダウンロードして編集し、再びアップロードします。
    4. WordPressのログイン設定をして、ログインできることを確認すれば完了です。
      これですぐに書き込むことができます。

    設定作業終了の対応

    WordPressを書き込むための基本的操作のご質問に対するご対応はHaradaWebの会員ページにてさせていただきます。
    *****ユーザー登録して何かを優遇する。メールアドレスで定期的メール。

    パーマリンクの設定

    WordPressをインストールした後のURLの末尾部分の「パーマリンクの設定」については、お客様のご要望があれば設定します。

    パーマリンクの考え方については色々な考え方があります。

    HaradaWebでは初めてWordPressでサイト運営される人には「パーマリンク設定」内の「投稿名」をお勧めしますが、そのご要望がなければデフォルトのままでお渡しします。

    関連情報

    投稿日:2018年11月29日 カテゴリー:初心者設定