JQueryの「jquery.cookie.js」でブラウザのcookie(クッキー)にデータ保存

JQueryのライブラリ「jquery.cookie.js」を利用して閲覧者のブラウザのcookie(クッキー)に閲覧者の入力したデータを保存する方法を解説します。

サイトから閲覧者の入力データ保存

サイトでデータ保存する方法にはサイトサーバーに保存する方法と閲覧者のブラウザに保存する方法があります。
一般的にサイトサーバーに保存する時はPHPを使いますが、ブラウザに保存する場合jQueryを使います。

サーバー保存とブラウザ保存の比較

  • セキュリティーの問題はサイトサーバに保存しているとハッキングされた時全てのデータを持っていかれます。
  • 閲覧者個々のブラウザに保存していても、その閲覧者のPCにしっかりしたセキュリティー対策がなされていなければデータを奪われます。
  • サイトサーバーの場合は全てのデータを取られますが、ブラウザの場合個々のPC内データになるので対象サイトに入力した全ての閲覧者のデータが取られる事はないかと思われます。
  • サイトサーバーに保存していればサイト運営者側でデータ確認修正などができますが、ブラウザ保存されていたらサイト運営者では何もできません。
  • ブラウザ保存されている場合は保存したブラウザでなければデータ確認などができませんが、サーバーに保存されていればどのブラウザ・PCからでも確認できます。

実際の例

TOP